【魚卓の浅見卓也さん】お金はなくなっても、人との信頼関係は残されていた


(前回の記事はこちら→魚卓の設立と、裏切り


――― 信頼していた人に横領されて、1億円の借金を抱えて、お金も持ち逃げされて。それでもやってくる支払いにはどうされたんですか?


浅見 もう最初は頭真っ白でしたね。夜は寝れないし変な汗出るし。

1億円の借金なんてテレビのニュースで聞くような額だから、自分なんかに返せるとは思えませんでした。

とりあえずは差し迫った支払いをどうするか、みんなで話し合いました。


――― とにかく現金が必要ですよね。


浅見 身の回りの売れるものは全部売ったんですけど、全然足りないわけですよね。

で、市場の人とかに、とりあえず話しに行ったんですよ。そうしたら、僕は中卒で働き始めたから、15歳から市場に通ってきたわけじゃないですか。

そういうガキの頃から付き合いがある人たちがみんな、「お金はいつでも良いよ」って言ってくれて。


――― お金はなくなっても、人との信頼関係は残されていたんですね。


浅見 はい。色んな人から「もう一回、また一からやれば良いじゃないか」と。従業員たちは、自分の生活がどうなるかわからないのに、「もう一度頑張りましょう」って言ってくれて。

ある社長さんなんて、突然500万円をポンって貸してくれたりして。「返すのはいつでも良いから」って。


――― 普通なら考えられない話ですね。


浅見 本当にそう思います。あとは付き合いのあった信用金庫さん。事情を話したら、普通じゃ絶対にあり得ない額を貸してくれて。これも本当に助かりました。

他にも感謝してもしきれないことがたくさんあって。本当に困っているときに助けてくれるような、そういう人たちがいなかったらもうダメでした。

その後は返せるところから一万円ずつでも返していって。


――― 浅見さんは、きっとそういう関係ができるような生き方をされてきたんですね。


浅見 いやあ、本当にありがたかったです。



――― その頃、ご家族とはどんな話をされたんですか?


浅見 最初は嫁さんにも言えなくて、ようやく言えたときにはやっぱり泣かれました。小学生の子どももいましたしね。でもその後、嫁さんがお金の管理をやってくれるようになって、それも助けられました。

あとは一つすごかったのが、市場の駐車場でひとり頭抱えて涙流してたら、まだ何も知らないはずのおふくろから電話がかかってきて、「もし何かあるんなら、もう辞めちゃいなさい。うちの家を売ったっていいんだから」と。これはびっくりしましたね。おふくろってすごいなって。


――― 虫の知らせというか。ちなみにその後、Aさんは見つかったんですか?


浅見 弁護士さんにも相談したんですが、「もし探して見つけられて、裁判で勝てたとしても、お金は残ってないだろうから返ってこないだろう」って言われました。

あとは当時お任せしていた税理士さんも結局Aさんとグルだったんですけど、手口が巧妙で戦ってもあまり良いことがなさそうだったので、もう前を向いてやっていくことにしました。


――― 前向きに時間を使っていくことにしたのですね。


浅見 そう。時間がもったいない。

でもね、そうやって前向きに頑張ろうっていうとき、Aさんが逃げた半年後の2011年9月なんですけど、市場に向かうトラックを運転中に、15mの高さから落っこちてしまったんですよ。


(次回につづく→遠回りして、やっとわかる





▼魚卓 本店(生鮮食品小売)

住所:茅ケ崎市東海岸北2-1-56/アクセス:茅ヶ崎駅南口徒歩3分/駐車場:あり/TEL:0467-81-4066/定休日:水曜/営業時間:9:00-21:00/公式ページFacebook



▼インタビュー・編集 小野寺将人(Facebook / Twitter

1986年生まれ。2015年、茅ヶ崎市に移住。「エキウミ」の管理人。住宅・不動産サイト運営会社、お出かけ情報サイト運営会社にて営業・企画職を経た後、現在は総合ポータルサイトにて企画職に従事。ハンドメイドアクセサリーブランドm'no【エムノ】のウェブマーケティングも行う。



0コメント

  • 1000 / 1000

▼エキウミのスポンサー企業

エキウミ:茅ヶ崎のローカルインタビューメディア

エキウミには湘南・茅ヶ崎の雄三通りの商店街で働く人や、利用する茅ヶ崎市民の暮らし方・働き方・遊び方が満載。