【Plenty's(プレンティーズ)の長谷川裕さん】商店街で育った学生時代


(前回の記事はこちら→茅ヶ崎のアイスクリーム屋さんと言えばPlenty’s


――― 長谷川さんの学生時代の話を教えてください。


長谷川 平塚の七夕通りの端っこに実家があるのですが、商店街が通学路だったせいか、商店の人たちには親しみ持ちつつ育ったと思います。


――― いわゆる“商店街のお店屋さん”に親近感があったのですね。


長谷川 そうですね。友達にもそこの子どもが多かったのでよく遊びに行きましたし、賑やかな商店街の雰囲気が好きでした。

そういう商店街のお店とお客さんの距離感というか、雰囲気を茅ヶ崎の雄三通りに反映できないかと考えたりします。


――― 商店主になろうと思い始めたのはいつ頃からですか?


長谷川 その商店街の話を含め色々なきっかけがあるんですけど、例えば高校生のときにニューヨークで入ったハードロックカフェに興奮したり、トム・クルーズ主演の映画「カクテル」を観て、バーテンになりたいと思ったりとかですね。


↓学生時代の長谷川さん(車の免許取りたて)


――― 高校卒業後は進学されたのですか?


長谷川 自分としては高校を卒業して早く働きたかったのですが、親からは進学を勧められて、しぶしぶ情報処理学校に行くことにしました。

ただ、簿記の授業が終わったらもう興味がなくなってしまい、1年も経たずに学校には行かなくなりました。


――― 学校に行かなくなったことについては、親に反対されませんでしたか?


長谷川 よく覚えてないんですが、あまり言われなった気がします。と言うのも、僕の兄が「寅さん」みたいな生き方をしているおかげかも知れません。

いま48歳ぐらいだと思うんですけど、今でも旅人をやってるような人ですから、それを見ている親からすれば私なんて(笑)


――― なるほど(笑)それで、学校に行かない代わりに働き始めたのですね。


長谷川 はい。なりたかったバーテンの働き口が見つからず、仕方がないのでカレー屋に面接に行ったら、なぜか「カレー屋じゃなくて串揚げ屋が良いぞ」と言われました(笑)

色々と腑に落ちませんでしたが、その人の知り合いの串揚げ屋さんで働くことになりました。


――― 大人の事情が垣間見えますね(笑)


長谷川 ですね(笑)その後、バーテンの働き口も見つけることができたので、深夜は念願のバーテンとして働くことになりました。

串揚げ屋さんでは4年間働いたのですが、これ以降も、頼まれて引き受けることの連続でキャリアを積んでいくことになります。


(次回につづく→頼まれたら、引き受ける。



▼Plenty's 本店

住所:茅ケ崎市東海岸北1-7-23/アクセス:茅ヶ崎駅南口徒歩7分/駐車場:5台(Plenty's PARLORと共同)/TEL:0467-88-0013/定休日:月曜定休(祝日の場合翌火曜休)※ただし夏季の7・8月は無休&夜22:00まで営業/営業時間:10:00〜21:00/公式ページFacebook


▼Plenty's PARLOR

住所:茅ヶ崎市東海岸北1-7-28/アクセス:茅ヶ崎駅南口徒歩8分/駐車場:5台(Plenty'sと共同)/TEL:0467-84-9624/営業時間:9:30〜19:00/公式ページFacebook


▼インタビュー:亀井有希(Facebook / Instagram

2012年、茅ヶ崎市に移住。一児の女の子の母。テーブルウェアデザイン&コーディネーター。and Karentを主宰し、ポーセラーツの製作・販売を行う。湘南で海を感じて暮らしヘルシーな日々を楽しむ女史たちの湘南healthistaで活動(ライフスタイル提案型MerMarcheで定期的にイベント実施)。


▼インタビュー・編集 小野寺将人(Facebook / Twitter

2015年、茅ヶ崎市に移住。「エキウミ」の管理人。住宅・不動産サイト運営会社、お出かけ情報サイト運営会社にて営業・企画職を経た後、現在は総合ポータルサイトにて企画職に従事。ハンドメイドアクセサリーブランドm'no【エムノ】のウェブマーケティングも行う。



0コメント

  • 1000 / 1000

▼エキウミのスポンサー企業

エキウミ:茅ヶ崎のローカルインタビューメディア

エキウミには湘南・茅ヶ崎の雄三通りの商店街で働く人や、利用する茅ヶ崎市民の暮らし方・働き方・遊び方が満載。