【水彩画家のかとうくみさん】茅ヶ崎・雄三通りのフォトスポット

今回の「Yuzo-dori Creator's Life」は、水彩画家のかとうくみさんにご登場いただきます。水彩画はもちろんのこと、雄三通りと鉄砲道が交差する場所にあるプレンティーズパーラーに描かれた壁画も非常に有名です。とっても明るい方で終始笑いの絶えないインタビューになりましたので、ぜひ最後までご覧ください。※全6回です。




――― 本日はよろしくお願いします。


 かとう よろしくお願いします! 


――― かとうさんといえば透明感のある水彩画ですが、最初から今のスタイルだったのでしょうか。 


かとう では最初の頃の作品と、最近の作品をお見せしますね。


 ↓最初の頃の作品 

↓最近の作品



――― 色使いなどは変わってきている印象がありますが、どちらもかとうさんらしさがありますね。一方で、雄三通りにあるプレンティーズパーラーの外壁画は違うスタイルですよね。


かとう あのお話をいただいたとき、私は水彩画しか描いたことがなかったので「壁に描くなんて私には無理!」と思って、最初はご遠慮したんです。

だけどプレンティーズ社長の長谷川さんから「やったことがないなら、やってみればいいじゃん!」とおっしゃっていただけたので、挑戦させていただくことにしました。


↓プレンティーズパーラー外壁画のラフ

↓完成したプレンティーズパーラーの外壁画


――― いまやSNSでもよくみかけますし、茅ヶ崎のフォトスポットになってきていますよね。


かとう いえいえ、そんな。でも写真を撮っている方を見かけると、本当に光栄で泣きそうになります。

YUYUちゃんやRYUくんみたいな素敵な壁画を描かれる人気者がたくさんいらっしゃるので、私なんてひっそりしておいた方がいいのですが・・・。


――― でもあの作品を見て、壁画の依頼をしたいと思う方は少なくないと思います。


かとう 実は名古屋の方から壁画のご依頼をいただいたのですが、都合が合わず実現できませんでした。

プレンティーズパーラーさんの壁画を描いているとき、友だちや家族が差し入れに来てくれたりして、そういうことを思い出すとまた機会があれば大きな壁に描いてみたいという気持ちになったりはします。


――― プレンティーズさんとのお仕事で言えば、鎌倉高校前駅の看板がとても印象的ですが、あの作品はどんな経緯だったのでしょうか?


かとう 長谷川さんからのリクエストとしては、ご自身と奥さまのご実家の愛犬を入れるというものでした。横長の看板だったので、子どもを並べてアイスやワッフルなどを持たせた絵にしました。 


↓鎌倉高校前駅看板のラフと、設置された看板


――― プレンティーズさんとはそれが初仕事ですか?


かとう プレンティーズさんのテラスモール湘南店がオープンする頃に、長谷川さんから「クレープ屋さんやるんだけど、ポスター描いてくれる?」というご依頼をいただいたのが最初です。

いまそのポスターは茅ヶ崎の雄三通りにある本店に飾ってくれているので、今後行かれた際にぜひ見てみてください!


↓最初のポスター 


(次回につづく→「あなたはいつでも自分の都合ね」


Facebook,Twitter,Instagramで「エキウミ」の最新情報を受け取れます!




▼プレンティーズパーラーの地図




▼インタビュー・編集 小野寺将人(BlogFacebook / Twitter

1986年生まれ。2015年、茅ヶ崎市に移住。「エキウミ」の管理人。住宅・不動産サイト運営会社、お出かけ情報サイト運営会社にて営業・企画職を経た後、現在は総合ポータルサイトにて企画職に従事。 ハンドメイドアクセサリーブランドm'no【エムノ】のウェブマーケティングも行う。



0コメント

  • 1000 / 1000

▼エキウミのスポンサー企業

エキウミ:茅ヶ崎のローカルインタビューメディア

エキウミには湘南・茅ヶ崎の雄三通りの商店街で働く人や、利用する茅ヶ崎市民の暮らし方・働き方・遊び方が満載。