社会貢献の活動を通じて人とつながり、成長できた。【テーブルクロス文教大学支部の重田みなみさんと伊藤あさひさん】

(前回の記事はこちら → 社会貢献ができるグルメアプリ「テーブルクロス」を広めたい


■学生主体でチャリティーイベントを開催


――― 前回、社会貢献ができるグルメアプリ「テーブルクロス」の文教大学学生支部を立ち上げたというお話を伺いましたが、他の大学にもあるのでしょうか。


重田 はい。都内を中心に4つの大学と関わりがありまして、昨年12月には共同でイベントを開催しました。


――― どんなイベントでしょうか。


伊藤 「ジャックdeチャリティ2018」という名前なんですけども、狙いとしては学生の力でテーブルクロスを広めようというイベントでした。

具体的には、4~5人のグループになって山手線の駅に散らばって沿線をジャックして、飲食店に飛び込みで行き、宣伝活動をするというものでした。


↓ジャックdeチャリティ2018の様子



――― 飛び込み営業ですね。


伊藤 そうですね。ポスターを貼っていただけるように訪問していくイメージです。

貼れた数をポイント制にして、どの駅が一番貼れたかをチームで競争するみたいな感じで意欲的にできるようにしました。


■人のつながりと成長


重田 実はいま、学生支部としてもっと活動がしやすいようにするために、改めて方向性を決めようという動きをしているんです。


――― 方向性ですか。


重田 はい。まずは参加する学生が方向性を見失わないように、ビジョン、ミッション、バリューという根本的なことを決めて活動していこうとしています。


――― 会社の企業理念みたいですね。ちなみにどんなビジョンなんでしょうか。


重田 「私たちは世界の社会課題を解決するという夢をもつすべての学生が、食で繋がるプラットフォームとなります」というものなんですけども、もともとのテーブルクロスのビジョンからあまりずれないように、でも学生らしさも含めるようにしました。


――― なるほど。人のつながりや成長に主眼を置いているのですね。やはりこういった活動を通じた人のつながりというのは大きな魅力でしょうか。


伊藤 そうですね。本当につながりって大事で、そこから生まれるきっかけは本当にすごいと感じていて。

マシューの小出さんを訪問させていただいたおかげで、いろんな人と知り合えて、こうやってお話ができてるっていうのがすごいなって思います。


重田 私もこんなに大きなことを言ってますけど、もともとは全然動けなかった人なんです。


――― そうなんですか。意外です。


重田 私はテーブルクロスがテレビで紹介された次の日に電話をして、文教大学支部を立ち上げたんですけども、それまでは本当になにもしないタイプで。

それが自分としてはコンプレックスになっていたので、ここで電話しなかったら後悔するって思ったんです。


伊藤 私も自分からなにかするということができなかったんですけども、そういう重田を見て変わろうと思えたんです。


↓左:重田さん、右:伊藤さん


■お店とアプリサービスのコラボ


――― 最後に、このエキウミは雄三通りを拠点として活動をしていますが、学生目線で街を盛り上げるアイディアなどいただけますか。


伊藤 学生が行くことで街が盛り上がるためには、学生に向けた宣伝が大事だと思います。

そこにせっかく良いお店があっても、やっぱり知らないと行けませんから。


――― ちなみに学生の皆さんはなにを見てお店を探しますか?


伊藤 Instagramが多いです。

ネットで検索して調べるより写真で出てくるので、食関係でいえばどんな料理があるとかわかりやすいですし。

ハッシュタグ検索で情報がまとめて得られるのも良いです。


――― なるほど。


重田 サークルで「ちがさんぽ」っていうのを定期的にやっているんですけども、グループに分かれて茅ヶ崎の街歩きをしながら、ご飯を食べに行ったり、街でフォトジェニックなところを探したりしています。

あとでだれが一番フォトジェニックな写真が撮れたか競ったりして、楽しんでやれるところが良いですね。


――― とても大変参考になりました。インタビューは以上です。ありがとうございました。


(おしまい)


Facebook,Twitter,Instagramで「エキウミ」の最新情報を受け取れます!




【テーブルクロス文教大学支部の重田みなみさんと伊藤あさひさん】

・第1話 社会貢献ができるグルメアプリ「テーブルクロス」を広めたい

・第2話 社会貢献の活動を通じて人とつながり、成長できた。




▼インタビュー・編集 小野寺将人(Blog / Facebook / Twitter

2015年に茅ヶ崎市に移住し、2017年に「エキウミ」を立ち上げる。東海岸商店会の公式サイトの運営や、アクセサリーブランドm'no【エムノ】のウェブマーケティング、記事の寄稿も行う(SUUMOタウン「まだ茅ヶ崎に行ったことのないあなたへ」)。


▼編集 かんばやし ちえこ(InstagramFacebook

1988年東京都足立区生まれ。2015年に茅ヶ崎のシェアハウスへ移住後、そこで出会った夫と2018年に結婚し、現在は茅ヶ崎の海側でゆったりと二人暮らし。

大学卒業後に保育園運営会社で食育や野菜栽培研修の講師などに従事。その後、親子カフェベンチャーやNPOで学童保育運営、民間貸し農園ベンチャーで農園アドバイザーなど、20代は子ども×食農関係の分野で経験を積む。


▼編集アシスタント 小山勇

千葉県出身。2016年茅ヶ崎市へ移住。2018年からエキつくに参加。湘南周辺で不動産、ハウスメーカーを経て現在は茅ヶ崎から都内へ通勤。趣味はサーフィンとグルメスポット巡り。最近は、カメラを持って散歩とおつまみ作りがマイブーム。

0コメント

  • 1000 / 1000

▼エキウミのスポンサー企業

エキウミ:茅ヶ崎のローカルインタビューメディア

エキウミには湘南・茅ヶ崎の雄三通りの商店街で働く人や、利用する茅ヶ崎市民の暮らし方・働き方・遊び方が満載。