【麺屋BISQの松澤一隆さん】茅ヶ崎の無添加・無化調・自家製麺のラーメン屋さん。女性・ご年配・小さな子どもも入りやすい店づくり。

雄三通りで働いている方にお話を伺う「雄三通りで会えるあの人」。今回は麺屋BISQの店主・松澤一隆さんにご登場いただきます。2017年に雄三通りにオープンした無添加・無化調・自家製麵ラーメン屋さんの店主はどんな方なのか。ぜひ最後までお読みください!(全3話)




――― 本日はよろしくお願いします。


松澤 はい、よろしくお願いします。


――― BISQさんには私も何度かお邪魔していますが、とても清潔感のある店内ですよね。


↓麺屋BISQの店内

松澤 いわゆる「ラーメン屋」は男が一人で入るお店というイメージがありますよね。

実際、店内の壁や床が油でべたべたしていて、女性や子供が入りづらいところは多いです。

BISQは女性も男性も、ご年配の方から小さなお子さんまで三世代に渡り来ていただきたいので、清潔感は大切にしています。


――― もう開店から1年半以上経っているのに、全然汚れていないですよね。


松澤 清潔感を保つために、BISQでは餃子を出していないんです。

餃子をやるとどうしても壁や窓まで油っぽいお店になってしまうので、代わりにシュウマイを提供しているんです。


――― なるほど。メニューについては何が人気なのでしょうか。


松澤 定番の「醤油ラーメン」もよく出ますが、さっぱりしている「淡麗つけ麺」とか、若い方には「まぜそば」が人気ですね。


↓淡麗つけ麺 ※味玉付き


――― 私もBISQさんの淡麗つけ麺好きです。


松澤 ありがとうございます!

こだわりとしては「自家製麺」と「無化調」、つまり化学調味料を使っていないことなので、ここでしか食べられないラーメン・つけ麺になるようにしています。


――― 自家製麺と無化調となると、すごく手間がかかるんじゃないですか。


松澤 やはり化学調味料を使った方が味にパンチが出る場合が多いので、物足りないと思われないラーメンを作るように日々研究はしています。

女性やご年配の方、小さなお子さんでも安心して美味しく食べられるラーメン屋さんになりたいと思っています。


――― 店内はソファー席やベビーチェアもありますね。


松澤 はい。店内も、メニューも、一貫したテーマでやっていきたいと考えています。

ちなみにBISQのロゴマークは石垣島のTシャツ屋さんにデザインをお願いして、シンプルさと波を感じられるものにしてもらいました。


↓麺屋BISQのロゴマーク


――― 季節限定メニューなどについてはいかがでしょうか。


松澤 夏季限定の「冷やし中華」というのと、あとは月に1~2回、限られた土日だけ提供する限定商品というのも実施しています。

これまでに行ってきた限定商品のメイン食材としては、伊勢海老、蟹、ウニ、ブリ、金目鯛などがあります。


――― 魚介をメインにしているのですね。


松澤 そうですね、やはり茅ヶ崎を意識しているということと、あとは魚卓の浅見さんに相談して「いまならブリでしょう!」という感じでアドバイスをいただいて、旬のものを選ぶということがあったりします。

ただ今後も魚介しかやらないということでもないので、色々と挑戦はしていきたいです。


↓左から冷やし中華、金目鯛つけ麺、伊勢海老つけ麺


――― 同じ東海岸商店会の仲間同士でそういったやりとりがあるのですね。


松澤 そうですね。プレンティーズの長谷川さん、魚卓の浅見さんには精神的にも支えていただいて。

特に一年目は本当に・・・本当に厳しかったので(笑)


――― そんなに厳しかったのですね。


松澤 初期投資にがつんとお金をかけて、返済期間も短くしたせいで一年目は本当に潰れちゃうかと思いました(笑)

ぼくはフォークリフトを扱えるのでそっちのバイトを掛け持ちしようかと本気で思いました。


――― 松澤さんはフォークリフトを扱える・・・。


松澤 サラリーマン時代に使っていたんですよね。フォークリフトを。

BISQの経営が今でもまだまだ厳しいことには変わりないんですけど、何もない日に行列ができるようになったらホンモノかなと思うので、それを目指して精進していきます。


――― 次回は、松澤さんの現在に至るまでのお話を伺いたいと思います。


(次回につづく→15年のサラリーマン時代を経てラーメン屋さんへ。お客さん一人ひとりの満足のために、日々改良を続ける。


Facebook,Twitter,Instagramで「エキウミ」の最新情報を受け取れます!





▼麺屋BISQ

住所:茅ヶ崎市東海岸北1-7-21/TEL:0467-33-5229/定休日 月曜(祝日の場合は翌日)/営業時間:火〜土11:00〜15:00、18:00〜21:00 日・祝 11:00〜15:00、18:00〜材料切れまで/Twitter





▼インタビュー・編集 小野寺将人(Blog / Facebook / Twitter

2015年、茅ヶ崎市に移住。「エキウミ」の管理人。住宅・不動産サイト運営会社、お出かけ情報サイト運営会社にて営業・企画職を経た後、現在は総合ポータルサイトにて企画職に従事。東海岸商店会の公式サイトの運営や、ハンドメイドアクセサリーブランドm'no【エムノ】のウェブマーケティングも行う。

0コメント

  • 1000 / 1000

▼エキウミのスポンサー企業

エキウミ:茅ヶ崎のローカルインタビューメディア

エキウミには湘南・茅ヶ崎の雄三通りの商店街で働く人や、利用する茅ヶ崎市民の暮らし方・働き方・遊び方が満載。