【ジモハック湘南の齋藤浩平さん】こだわりを持つ、自立した人を増やしたい。

(前回の記事はこちら → 令和の洗礼を受けて、茅ヶ崎に引っ越してきました。


■WEBを通じて中小企業を盛り上げたい


――― 実際に住まいも雄三通り沿いということで、他の地域と比べて違いはありましたか?


齋藤 面白い店が多いですよね。チェーン店ではない「こだわり」を持った個人商店が多いということです。

食材にこだわる黒糖茶房さんや、人との交流に重きを置く魚卓さんとか。一番良く利用させてもらうのは、麺屋BISQさんですね。


――― 「こだわり」ですか。


齋藤 はい。こだわりと一言でいえば「信念・経営理念」を持っているということです。

雄三通りにあるお店は「金儲け」のためにしているのではなく、店主の大切にしたい想い「こだわり」が特徴だと思います。


――― 素敵な表現ですね。


齋藤 実際に父親の中小企業を盛り上げたいという想いが、「こだわり」をもつ中小企業の人たちを救うお手伝いがしたいと思うようになったんです。


■自分の頭で考えるから新しい面白いアイディアが生まれる


――― 当時のエピソードが今の活動に紐付いているんですね。そんな齋藤さんの今後の展望を伺いたいです。


齋藤 自立した人を増やしたいんですよね。

ちゃんと自分の頭で考えて、自分の足で立っている人。

この生き方が今後の社会でも生き残れると思います。

ただ儲けたいからここに出店するというよりも、ちゃんとこだわっている運営しているお店や企業が残っていくべきだと僕は思っていて。


――― 湘南でも、こだわっているお店はとても多いけど、出店しても集客が出来ず終わってしまうお店も多いということをよく聞きます。


齋藤 せっかくこだわりを持って良いお店が多いのに、集客できずに撤退してしまうのは、本当にもったいないと思うんです。

良いものを提供することに意識が向きすぎて、WEB発信が苦手な人も多いですよね。


――― でも実際知られないと来ないんですよね。


齋藤 そういうこだわりを持って、良いものを提供しているお店がなくならないようにジモハック湘南やHP制作のお手伝いを通じて、僕がサポートできたらなと。


――― 自立した人が増えた未来ってすごくワクワクしますね。


齋藤 もっと茅ヶ崎とか湘南は元気になるし、もっと日本が元気になると思うんです。

昔の僕みたいに、依存している人って自分の頭で何も考えないから自分から何も生まれなく、文句しか生まれない。


自分の頭で考えるから新しい面白いアイディアが生まれると思うんですよね。

茅ヶ崎や湘南エリアには、良いお店や面白い人たちが多いので、WEBを通して湘南エリアを盛り上げていきたいです。


――― 最後に、雄三通りですが、より盛り上がるためにどんなことがあったら良いと思いますか?


齋藤 そうですねぇ、、僕のサイトでも活用しているのですが、エキウミのサイトの下に「Google Map」で雄三通りのお店をまとめてみるとか。


―――というと?


齋藤 Google Mapだと自分のマップを作ることが出来て、オススメ一覧とかが作られたら、雄三通りを訪れる人がもっと楽しめるのかなと。


――― そんな機能があるんですね


齋藤 あと、エキウミってインタビュー記事が多いと思うんですけど

個別のインタビューをもうちょっとまとめてみたら良いのかなって。


――― まとめる?


齋藤 ターゲットに絞って、人のカテゴリーを分けてみるとか。

僕もエキウミのサイトを拝見したのですが、お店や人が、こんな人にオススメというカテゴリーに分かれていると、実際にエキウミを見た人がそのサイトをみて、この人にまた会ってみたい。から、足を運ぶきっかけになるのかなと。


――― なるほど。勉強になります。素敵なインタビューをありがとうございました。


(おしまい)





▼インタビュー・編集 瀬野尾友美

東京出身。これまで他拠点でウェディングプランナー、ホテルでのコンサルタントを経験。仕事だけの人生ではなく、より豊かな暮らしに興味を持つ。昨年末に退職後、縁もゆかりもなかった茅ヶ崎に移住。住んで1週間で茅ヶ崎の虜に。茅ヶ崎のマチ、ヒトの魅力を発進したいと思い立ち「エキウミ」に参加。

※エキウミのSNSアカウント:Facebook,Twitter,Instagramで「エキウミ」の最新情報を受け取れます!

※この記事のシェア:下のボタンからお願いします!

↓エキウミは仲間を募集しています。

0コメント

  • 1000 / 1000

エキウミ:茅ヶ崎のローカルインタビューメディア

エキウミには湘南・茅ヶ崎の雄三通りの商店街で働く人や、利用する茅ヶ崎市民の暮らし方・働き方・遊び方が満載。