【インテグラルの佐山展生さん】まったく無名の人にも会う理由。看板と肩書に頼らない生き方。

(前回の記事はこちら→企業再建のプロが語る地域活性化策。「茅ヶ崎は一番良いポジションにいる」


■看板や肩書で人を見ない


――― 今回のインタビューでまず驚いているのが、そもそもこうしてお会いできているというこの状況についてです。どうしてお会いいただけたのでしょうか。


佐山 特に深い理由はなくて、「会いたい」と言われれば、「いいですよ」と応えるだけの話です。


――― 特に理由はないのですね。


佐山 そう。かなりの人は、看板や肩書で人を見ますよね。

大企業の看板や肩書がある人にはゴマをすり、そうじゃない人には冷たい。

私の経験上、社内で「偉い」と言われている人ほど、そういう風になってしまう。


――― はい。


佐山 でもね、肩書なんて、たまたまその人がそのタイミングでそうなだけの話なんですよ。

会社の中で役職があるからと言って別に人間として偉いわけじゃないし、場合によっては人間としてひどくなっていく人もいるわけです(笑)




――― そうですね(笑)


佐山 同じ人間として誰が偉いというのはないと思っているので、「会いたい」と言われれば、高校生でも会います。

会う相手から学ぶものがあるかとか、なにか得られるかとか、そういう効果はまったく期待していません。ゼロです。

話をして、「はあそうですか、なるほど」ぐらいのものなんですよ(笑)


――― それは、すごいことだと思います。


佐山 そもそも同じ時代に生きている、同じところで同じ空気を吸っているのって、奇跡みたいな話じゃないですか。

江戸時代に生きた人とは話もできません。

もちろん時間には限りがありますから、なんでもかんでもというわけにはいきませんけど、「会いたいと言われれば会う」というだけのシンプルな話なんです。


■出世で社長になれるのは100%運


――― 昔からそういうお考えなのでしょうか。


佐山 どうでしょうね。でも看板や肩書のことを強く意識した時期もあったかも知れません。

私は新卒で「帝人」に入社後、当時の「三井銀行」に転職してから、起業をしたんですが、特に銀行員時代は、「三井銀行のM&Aをやっているのですが、」と言えばかなりの方は会ってくれるような状況でした。


――― はい。


佐山 でも起業をしたら、状況がガラッと変わった。

「ユニゾン・キャピタル」という会社を作ったんですけど、高校の全学の同窓会である人と話が盛り上がって、じゃ名刺交換をということになって名刺を出したんですが、急にその人の態度が変わって、「なんだ大したことないやつなんだ」っていう目になったんです。

名刺を見せる直前まで話が盛り上がっていたのに、急にですよ(笑)


――― あからさまですね(笑)


佐山 これまで自分は、会社の看板のおかげで仕事ができていたんだ、ということを痛感しました。

私の年代なんかは特に、最初に入った会社で定年を迎えるのが当たり前ですから、退職して初めて自分は会社の看板で生きてきたんだということに気づく人が多いんですよ。

これまでみんな自分に頭を下げていたと思ったけど、それは自分じゃなくて看板と肩書に頭を下げていただけの話だったんだと。



――― 定年後に気がつくと、キツいでしょうね。


佐山 退職後にも看板と肩書の恩恵が受けられるのは、社長だけなんです。

専務とか常務とかでは、なにも残りません。

私がいた帝人の元社長の安居祥策さんが、日経新聞の私の履歴書で「社長になれるのは100%運だ」とおっしゃっていましたが、それは真実だと思いますよ。

「運の要素が強い」なんかじゃないんです。「100%運」なんです。

ですからね、いまは退職後の人生が長いから余計に、看板や肩書に頼らず自分自身の市場価値を上げないといけないんですよ。


――― 佐山さんは起業をすることで早くそれに気づけたので、余計に人を肩書で見ないよう意識されている部分があるのかも知れませんね。次回は、佐山さんの現在に至るまでについて伺えればと思います。


(次回につづく→人生120年をどう生きるか


Facebook,Twitter,Instagramで「エキウミ」の最新情報を受け取れます!





▼インタビュー・編集 小野寺将人(Blog / Facebook / Twitter

2015年、茅ヶ崎市に移住。「エキウミ」の管理人。住宅・不動産サイト運営会社、お出かけ情報サイト運営会社にて営業・企画職を経た後、現在は総合ポータルサイトにて企画職に従事。東海岸商店会の公式サイトの運営や、ハンドメイドアクセサリーブランドm'no【エムノ】のウェブマーケティングも行う。

0コメント

  • 1000 / 1000

▼エキウミのスポンサー企業

エキウミ:茅ヶ崎のローカルインタビューメディア

エキウミには湘南・茅ヶ崎の雄三通りの商店街で働く人や、利用する茅ヶ崎市民の暮らし方・働き方・遊び方が満載。