【CIELOフットボールクラブの森谷純司さん】保育園や学童のような場を作り、自分の頭で考える人を育てたい


(前回の記事はこちら→子どもと保護者のことを第一に考える茅ヶ崎のサッカースクール


――― 森谷さんは茅ヶ崎のご出身ですよね。


森谷 はい。茅ヶ崎生まれ茅ヶ崎育ちで、茅ヶ崎から出たいと思ったこともないです(笑)


――― そして現在は茅ヶ崎でサッカースクールを運営されていますが、どういった経緯だったのでしょうか。


森谷 幼稚園のときにたまたま横浜のサッカークラブが教えに来てくれたんですね。

それが自分にとても合っていて、小学校に入ってからも横浜までサッカーを習いに行っていました。


――― よほど合っていたのですね。


森谷 いまでもそのときの恩師とは繋がっていて、結婚式にも来ていただきました。

というのも、高校卒業後に入った専門学校を1年で辞めてしまい、将来について悩んでいた時に拾っていただいたんですね。


――― そこでコーチの仕事を始めたのですね。


森谷 はい、まずはアシスタントから始めて、必要なことはすべて現場から学んでいった感じです。

最初はメニューを考えたりサッカーを教えることで精いっぱいで、子ども一人ひとりの表情を見る余裕もありませんでした。


――― CIELO(シエロ)を始めたのはそのクラブで学んだことを自分で試してみたかったからでしょうか。


森谷 いえ、実はその前に一度ほかの仕事を挟んでいます。

横浜のサッカークラブは子どものころからずっといた環境だったので、一度自分を見つめ直すために別の環境に行こうと思ったんです。


――― なるほど。


森谷 あるとき友達の子どもに遊びでサッカーを教えてあげたのですが、やっていくうちにだんだんと回数や人数が増えてきてしまって。

保護者さんの方から「いいかげんお金を取りなさい」と言われて、それで始まったのがCIELOなんです(笑)


――― それは面白い始まり方ですね(笑)奥さまから反対はされませんでしたか。


森谷 もう子どももいますし、不安だったと思うのですが、「結局あなたはサッカーなんでしょ」というところで認めてくれたというか、諦めてくれたというか…。

CIELOは妻の意見をたくさん取り入れながら運営をしているので、子どもだけでなく保護者さんのためになる要素がたくさんあると思うんですね。

だからこれまで口コミだけてやってこられたんだと思います。




――― 口コミで広がるというのは素晴らしいですね。最近コーチも一人増えましたよね。


森谷 はい。山本龍というのですが、彼も横浜のサッカークラブでコーチ経験を積んでいて、彼が入ったことでより練習の質も高められました。

いまも事務所で夏の企画を考えてくれているので、帰って聞くのが楽しみなんです(笑)


――― 将来的に、CIELOはどのような展開を目指しているのでしょうか。


森谷 やはりCIELOは子どもと保護者さんのことを第一に考えるところからスタートしているので、今後もそのスタンスでやっていきたいと考えています。

たとえばですが、あえてわかりやすい言い方をすると「CIELO保育園」や「CIELO学童」のようなことができたら良いなと思っています。


――― 保育園と、学童ですか。


森谷 はい。CIELOはいまでも送り迎えのシステムを用意していますが、保育園に直接迎えに行くこともあるんですね。

そこで保育園で過ごす子たちを見ていて、自分たちに何かできることはないだろうかとよく考えるんです。

いまCIELOはサッカーを通じて「自分の頭で考える人を育てること」を目指していますが、その手段はサッカー以外でも良いと思っていて、たとえば体操とか、公園遊びでも学べることはたくさんありますよね。


――― なるほど、サッカーにこだわらず子どもたちのためになることを考えたとき、一つの答えが「CIELO保育園」や「CIELO学童」ということですね。


森谷 はい。子どもたちにとって、学生から社会人になったときに、急にルールが変わるじゃないですか。そこでもやっていける人を育てたいという思いがあります。

これは10年以内には何か形にしたいと思っているぐらいの段階なので、まだまだこれからですが、将来的にはそんなことを目指しています。


――― 最後に、この「エキウミ」は雄三通りの活性化を目指しているサイトなのですが、雄三通りがより良くなるアイディアをいただけますか。


森谷 CIELOは雄三通りにある「湘南つなぐ鍼灸接骨院」さんにスポンサーになっていただいていますので、私としても応援したい道です。

おしゃれなお店がたくさんあって素敵な道だと思うのですが、せっかく南側のメイン通りなのでもっとイベントがあったら良いですよね。

茅ヶ崎駅から正面の道ですので市外からも来やすいわけですから、たとえば…なんでしょう、夏に流しそうめんのギネス挑戦とか(笑)

湘南祭やハロウィンに限らず、面白いイベントがあったら良いと思います!


――― インタビューは以上です。ありがとうございました。


(おしまい)


Facebook,Twitter,Instagramで「エキウミ」の最新情報を受け取れます!




【湘南・茅ヶ崎で暮らす人:CIELOフットボールクラブの森谷純司さん】

・第1話 子どもと保護者のことを第一に考える茅ヶ崎のサッカースクール

・第2話 保育園や学童のような場を作り、自分の頭で考える人を育てたい




▼CIELOフットボールクラブ

練習日時:月曜~金曜(幼児・小学校1,2年生・小学校3~6年生の三部制)※土日は月に3回程度実施/練習場所:茅ヶ崎市総合体育館や円蔵、柳島、サザンビーチなど/TEL:070-2187-4860/MAIL:cielo20132013@ezweb.ne.jp/Instagram

※場所や時間は曜日により変動するので、お気軽にお問い合わせください



▼インタビュー・編集 小野寺将人(Facebook / Twitter

2015年、茅ヶ崎市に移住。「エキウミ」の管理人。住宅・不動産サイト運営会社、お出かけ情報サイト運営会社にて営業・企画職を経た後、現在は総合ポータルサイトにて企画職に従事。ハンドメイドアクセサリーブランドm'no【エムノ】のウェブマーケティングも行う。

0コメント

  • 1000 / 1000

▼エキウミのスポンサー企業

エキウミ:茅ヶ崎のローカルインタビューメディア

エキウミには湘南・茅ヶ崎の雄三通りの商店街で働く人や、利用する茅ヶ崎市民の暮らし方・働き方・遊び方が満載。