【クリエイティブディレクターの長澤宏樹さん】これからは「個」の時代。個人で何をどこまでできるか、を追求したい


↓長澤宏樹さんのご経歴

1973年生まれ。シャープ株式会社に新卒で入社をしながら、映像作家としてのキャリアをスタート。博報堂DYインターソリューションズ(現・博報堂DYデジタル)の設立に参画し、多数の広告賞を受賞。その後ハワイに移住し、「アロハ・ブランディング」を設立。2016年12月に帰国し、茅ヶ崎での生活を再スタートしている。著書「思いが伝わる! 心を動かす!アイデアを「カタチ」にする技術」総合法令出版 




――― 本日はよろしくお願いいたします。


長澤 こちらこそ、よろしくお願いします。


――― 長澤さんと言えば、茅ヶ崎の海岸でドローンを飛ばして波情報をライブ配信されていますよね。


長澤 そうなんです。ドローンは2年くらい前から始めたんですが、面白くてはまってますね。

日々ドローンを飛ばしながら何ができるかと考えているんですが、ドローンにライブ配信の機能があるので、まずそれを使おうと思って、波がある時は実況中継しながら波乗りが好きな人向けに配信しています。

最近では、わざわざ海から上がって来て挨拶しに来てくれる方がいたり、「いつも見てます!」という言葉をいただいたりして、とても嬉しいですね。やりがいがあります。


↓ヘッドランドビーチ(Tバー)付近の波をドローン撮影 

↓ドローン撮影中の長澤さん


――― 元々そういうことをされていたんですか。


長澤 映像に出会ったのは大学ですね。映像を作ることがとても楽しくて没頭しました。

卒業後はシャープに入社したんですが、やはり映像を作る楽しさが忘れられずに退職し、博報堂のお手伝いをはじめました。

その後、同僚とデジタルコンテンツを配信するプラットフォームビジネスの企画提案を行い、これを運営するインディビジオという、博報堂と豊田通商と講談社からなるジョイントベンチャーを作りました。

その会社が博報堂DYインターソリューションズを経て、今の博報堂DYデジタルになったんです。


――― ということは、博報堂DYデジタルの社員第1号ということですか!そこでは何をされていたんですか。


長澤 13年間、プロデューサーとクリエイティブディレクターとして広告のクリエイティブをやっていました。

それはそれでとてもチャレンジングで面白かったんですが、ハワイへの移住をきっかけに退職しました。


――― ハワイ移住のお話はまた後ほどゆっくりお聞きしますが、シャープ、博報堂DYデジタルを経て、どのようにドローンとつながって行ったのでしょうか。


長澤 博報堂DYデジタルの時代はクライアントワークをたくさんやってきたんですが、今は「個」の時代だと思っていて、個人として何をどれだけ表現できるかということにとても興味があるんです。

だから博報堂DYデジタルを退職したあと、アロハ・ブランディングという会社を自分で作って、そこを通じて色々なブランドや企業のサポートを、“広告寄り”ではなく、“ブランディング目線”でお手伝いをしています。

その一環の中で、ドローンとかGoProのようなカメラも、機材としてとても重要なんですよね。


――― なるほど。


長澤 最近では「個」としてできることを追求する上で、自らYouTuberのようなことをやっていてVLOG(ビデオログ)を配信しています。


――― 拝見しました。今はもう160話までアップされているようですね。毎日作るのって正直大変じゃないですか。


↓Vlog 160 初トライ!VR360°カメラTHETA Vで


長澤 大変です(笑) 直接収入につながるわけでもないから、時々「何やってるんだ?俺」って思うこともあります(笑)

でも、このVLOGはやり続けるということに理由がありまして。僕としては、まず200を目指しているんです。


――― なぜ200なんでしょうか。


長澤 Cocoちゃんという人気キャラクターがあるんですけど、それを描いてるのが高校時代の同級生なんです。

彼女がこのキャラクターを生み出す時に、お父さんに「同じキャラクターを200回描けたら、きっと何か形になる」と言われたらしいんです。

彼女はそれを実践して、あのキャラクターが生まれたんですが、それを聞いて、面白いな、と。


↓VLOG 135 大人気キャラクターに会って刺激をうける


――― それをご自身にも取り入れようと思われたのですね。


長澤 はい。それから僕も何かあるたびに200回継続することを実践しているんです。

VLOGを始める前にブックログという、自分が読んだ本のレビューをやっていたんですが、それも確かに200回を超えたあたりから出版の話が来て、実際に「アイデアをカタチにする技術」という本を出版することになったんです。

だから、VLOGも200回を目指して今頑張っているんですけど、現に色々なことが最近動き始めたんです。


――― 例えばどんなことでしょうか。


長澤 2月28日からamazonプライムで配信されている『しろときいろ』というドラマのドローン撮影の話が舞い込んで来たり、企業の工場のドローン撮影もやりました。

最近では、ドローン業界の主力企業であるDJI社の記者会見に呼ばれて、YouTubeでその模様を配信したりもしました。

こういう動きはとてもエキサイティングなことだと思っています。


↓VLOG 153 注目!DJIのMavicAIRのプレス発表会の全貌 



――― 200回継続のルールは覚えやすいですし面白いですね。次回はハワイ移住について伺いたいと思います。


(次回につづく→長年の夢だったハワイへの移住


Facebook,Twitter,Instagramで「エキウミ」の最新情報を受け取れます!





▼インタビュー・編集 小野寺将人(BlogFacebook / Twitter) 

2015年、茅ヶ崎市に移住。「エキウミ」の管理人。住宅・不動産サイト運営会社、お出かけ情報サイト運営会社にて営業・企画職を経た後、現在は総合ポータルサイトにて企画職に従事。ハンドメイドアクセサリーブランドm'no【エムノ】のウェブマーケティングも行う。

0コメント

  • 1000 / 1000

▼エキウミのスポンサー企業

エキウミ:茅ヶ崎のローカルインタビューメディア

エキウミには湘南・茅ヶ崎の雄三通りの商店街で働く人や、利用する茅ヶ崎市民の暮らし方・働き方・遊び方が満載。