【Smileの良子さん】「りょうさん」に会いたくなる。笑顔が生まれる雄三通りの雑貨屋。

雄三通りにお店を出されている方にご登場いただく「雄三通りで会えるあの人」の今回は、雑貨屋を営む「Smile(スマイル)」のりょうさんです。 雑貨屋の枠を超えたサードプレイスとしての空間づくり、主婦から独立までのエピソードなど興味深いお話を伺いました。ぜひ最後までお読みください。(全2話)




■不思議な繋がりが生まれる場所


――― 本日はよろしくお願いします


良子 よろしくお願いします!


――― Smileさん=雑貨屋のイメージでしたが、これはバーカウンターですか?


良子 形態としては、雑貨屋。アパレル、オリジナルブランドも販売してます。お客様とも話せるように、このカウンターでお酒やお茶も提供してます。


――― お客様との会話が生まれやすい空間なんですね!


良子 入りづらい店と思いきや、(私の)子どもからも「ママのおうちだね〜」って言われるくらい、アットホーム感があると言われます。

ここ(Smile)を見て入ってきてくれる方は全員ウェルカムです!常連さんは、好きなものを買ってきて、ここ(カウンター)で食べながら話して帰られます(笑)



――― すごいフリースタイルです(笑)


良子 フラッと立ち寄って、常連になってくれる方も多くて。

初対面のお客様でも深い話ができたり、常連さん同士ここで繋がって結婚したり。不思議な繋がりが生まれる場所なんです。


■限りあるスペースで、できることをやる


――― もはや雑貨屋の概念を覆しています・・これは、小さい子ども用の椅子ですか?



良子 はい。子連れの方にも気軽に来て欲しくて。私が育児で苦労したから、その悩みが分かります。だからこの中で、私ができることをやる。


――― なるほど、、


良子 何かに悩みながら来店されたのもきっと何かのご縁。

話聞くくらいしかできないけど、その方のためになることをしたいんです。


――― 限りあるスペースで、お客様に全力で向き合っているんですね


良子 「りょうちゃんのところに来れば元気もらえるのよ」って笑顔で言ってもらえるのが本当にやりがいで。生きてて良かった〜って心から想えます。


――― その想いが、お店の名前(Smile)にも由来しているんですね


良子 私の一番の幸せは、皆んなが笑顔になっているとき。だから、私の周りの人みーんなに笑顔になってもらいたい。そのための手段としてお店をやっています。


――― そんなに強く、人を笑顔にしたいって想えるってすごいです。


良子 先日ふと小学生時代の文集を見てたんです。そしたら私の印象で「りょうちゃんは、いつもニコニコしています」とか、良いところ「ニコニコ笑っているところ」って、そればかり書かれてて(笑)


――― 人を笑顔にしたい気持ちは小さい頃から、、


良子 意識がないけど、昔からずっと思ってたんだと思う。


――― "りょうさんと話したい・会いたい”が目的で来られる方が多い理由が分かるような気がします。


良子 確かに話しに来てくれる方がほとんどかも。その帰りに誰かにプレゼントを買って行かれる方が多いです。


■みんなのためにお店をやる


――― 置いてある商品もとても可愛いです


良子 ハワイに知り合いがいるからそこで買って、好きなものを並べています。

あとは開業時にお手伝いします、と手をあげてくれた方から商品を発注。オリジナル商品は、デザイナーの知人と一緒に考えて作ったものです。



――― 店内の商品にも、しっかりこだわっているんですね。


良子 “海を感じられる”がテーマで、こだわりしかありません!だって、自分も着たいもん(笑)

本当はもっとこだわりたいんです。でもスキルがないから、今はお客様と喋ってることの方が多いです。



――― なるほど。それにしても、いろんな方がお店の商品に関わっているんですね。


良子 いい人っぽい発言になりますが、このお店は一人でやってるけど、自分というより、みんなのためにやっているんです。


――― みんなのため、、


良子 お店の商品が売れて、委託の方々や、購入してくれたお客様、みんな笑顔になってくれたらそれだけで満足で。


――― なるほど、、本当に素敵です。りょうさん、出身は茅ヶ崎なんでしたっけ?


良子 茨城県です。これまで住まいを転々としてて、一人目産んでまた物件探してたらご縁で、茅ヶ崎に。もう住んで15年くらい。


――― 茅ヶ崎には結構長く住まれているんですね。


良子 海が大好きでね、サーフィンどハマり(笑)

ウェットスーツ着て海に入りたい!っていつも思ってるから、お店は家事して海行ってから開けて、夕飯に合わせて閉めます。


――― 茅ヶ崎らしいライフスタイルですね


良子 昨日も15時半くらいに、海入りたい!って思ってこっそり閉めるっていうくらい自由に、ありえないことをしています(笑)


――― フリースタイルでありながら、サードプレイス(心地よい居場所)を提供されているりょうさんの魅力がよくわかるお話でした。次回は、お店の創業までのエピソードをお届けします。


(次回につづく)





▼Smile(雑貨屋)

住所:茅ヶ崎市東海岸北1-7-23/営業時間:11:30~17:00/定休日:水曜・日曜隔週(不定期あり)/Instagram




▼インタビュー・編集 瀬野尾友美

東京出身。これまで他拠点でウェディングプランナー、ホテルでのコンサルタントを経験。仕事だけの人生ではなく、より豊かな暮らしに興味を持つ。昨年末に退職後、縁もゆかりもなかった茅ヶ崎に移住。住んで1週間で茅ヶ崎の虜に。茅ヶ崎のマチ、ヒトの魅力を発進したいと思い立ち「エキウミ」に参加。

※エキウミのSNSアカウント:Facebook,Twitter,Instagramで「エキウミ」の最新情報を受け取れます!

※この記事のシェア:下のボタンからお願いします!

↓エキウミは仲間を募集しています。

0コメント

  • 1000 / 1000

エキウミ:茅ヶ崎のローカルインタビューメディア

エキウミには湘南・茅ヶ崎の雄三通りの商店街で働く人や、利用する茅ヶ崎市民の暮らし方・働き方・遊び方が満載。