【NPO法人3F Community Serviceの内田洋茂さん】茅ヶ崎市民文化会館のメモリアル事業を手がける。「茅ヶ崎の若者が集まる場を作りたい」


現在、茅ヶ崎市民文化会館には改修工事のための仮囲いがありますが、そこには茅ヶ崎市民が撮影した茅ヶ崎の写真に、アーティストがコラボして絵を描いた作品が掲示されています。そのメモリアル事業を推進した「NPO法人3F Community Service」の理事長である内田洋茂さんに、お話を伺いました。



――― 本日はよろしくお願いします。


内田 よろしくお願いします。NPO法人3F Community Serviceの内田です。


――― まず、3F Community Serviceの設立の経緯と、どんな活動をしているNPO法人なのかを伺えますか。


内田 はい。まず茅ヶ崎には都内で働いている方が多い街だと思うんですけど、そこで結果を出している人でも茅ヶ崎では意外と知られていない人が多くいるんですね。

それがアーティストやクリエイターやフォトグラファーでも多くて、それがとにかく「もったいない!」という思いから、そういう方々を繋げていく活動をしようと思ったのが設立の経緯です。


――― その茅ヶ崎のアーティストたちを繋げることで、どんなことをされているのでしょうか。


内田 わかりやすい活動でいうと、ZINEというアーティストの作品集があるんですけど、湘南にゆかりのあるアーティストのZINEを集めて販売イベントを定期的に開催しています。

その中から茅ヶ崎に関わりの強い方のZINEのサンプルを、茅ヶ崎市立図書館に寄贈するようなこともしました。 



――― 市立図書館に置けるものなんですね。


内田 こういうことはアーティスト個人ではなかなかできないので、我々がその受け皿となって、アーティストが街づくりに参加できるような流れを作って行きたいです。

ちなみに「エキウミ」さんはRYU AMBEさんの絵をロゴにしていると思いますが、RYU AMBEさんとも親しくさせていただいています。


――― そうだったのですね。アーティストは創作活動に集中したい方が多いと思いますので、3F Community Serviceさんのような存在は非常に心強いと思います。 


内田 僕も昔はダンサーをしていて、自分が作る世界観を心から信じてやっていたんですけど、やっぱり面白いもんでその「自分の中の正しさ」だけを追い続けると必ず壁にぶつかるじゃないですか。

自分なりに挫折を味わって、それからはそういった経験を活かしてアーティストたちの橋渡しのような役割をしています。


――― 先ほど街づくりの話が出ましたが、内田さんは茅ヶ崎市民文化会館の改装工事でメモリアル事業を推進されていましたよね。 


内田 はい。あれはNPO法人湘南スタイルの理事長である藁品孝久さんからご紹介をいただいて、実際に応募してみたらご採用いただくことができました。

内容としては文化会館の仮囲いの装飾と、文化会館の廃材を使ってメモリアルグッズを作るというものです。 



――― 仮囲いの方はどのように進めていったのでしょうか。


内田 まず茅ヶ崎市民から写真を募集して、40人弱から集まったものから「海と山」というテーマをに沿うもの、そして我々としては「若者の応援」もしたいので、その観点も含めた選定基準で10数枚選ばせていただきました。

その選ばれた写真にアーティストが絵を描く、という働きかけをしていきました。


――― 2月にお披露目されてから、反響は大きかったんじゃないですか。 


内田 おかげさまでメンバーは知り合いからたくさんメッセージをもらったり、あとはメディアからの取材のお話もいただいているので、やらせていただけて良かったです。 



――― それでは最後に、この「エキウミ」は雄三通りに関わる人を応援するサイトなのですが、茅ヶ崎や雄三通りがいまよりももっと面白くなるアイディアをいただけますか。


内田 茅ヶ崎はここ数年で街中にイベントが増えてきて、そこにちゃんと人が集まるのが良いところだと思っています。

ただ一方で学生が集まれる場所が多くないと思っていて、実際イベントで会う学生に「普段はどこで遊んでいるか?」と聞くと、家にいるか、もしくは辻堂や藤沢や横浜だったりするんですね。


――― なるほど。


内田 それがもったいないという思いがあるので、それこそ雄三通りのプレンティーズさんみたいな学生が集まれる場とか、フラワーコーヒーさんみたいに、アート好きや茅ヶ崎のおしゃれさん達の溜まり場になっているような場が増やせると良いなって思うんですよね。

あとはそういった場を作るということに加えて、茅ヶ崎や雄三通りの歩き方をちゃんと伝えるようなものがあると良いと思っています。

3F Community Serviceとしてはアーティストやクリエイターと多くのつながりを持っているので、そういう人たちと一緒に若者に向けた仕掛けづくりをこれからもして行きたいと思っています。


――― 今後の展開がとても楽しみなお話でした。インタビューは以上です。ありがとうございました。


(おしまい)


Facebook,Twitter,Instagramで「エキウミ」の最新情報を受け取れます!




↓NPO法人 3F Community Service

住所:茅ヶ崎市東海岸南3-2-17-7-203/電話:080-5090-2479/公式ページFacebookInstagram




▼インタビュー・編集 小野寺将人(Facebook / Twitter) 

2015年、茅ヶ崎市に移住。「エキウミ」の管理人。住宅・不動産サイト運営会社、お出かけ情報サイト運営会社にて営業・企画職を経た後、現在は総合ポータルサイトにて企画職に従事。ハンドメイドアクセサリーブランドm'no【エムノ】のウェブマーケティングも行う。 

0コメント

  • 1000 / 1000

▼エキウミのスポンサー企業

エキウミ:湘南・茅ヶ崎駅と海をつなぐ雄三通り

エキウミには湘南・茅ヶ崎の雄三通りの商店街で働く人や、利用する茅ヶ崎市民の暮らし方・働き方・遊び方が満載。