茅ヶ崎で出会い、結婚し、家を建てました。【土地探し編】

湘南茅ヶ崎に家を建てたばかりの山崎淳一朗さん、山崎碧さんご夫妻に、その体験を書いていただきました。初回は土地探し編です。(全3回)


◼︎出会い、結婚、家を建てるまで


まずは自己紹介から。


山崎淳一朗。会社の同僚から「茅ヶ崎良いっすよ」の一言にそそのかされ移住。

山崎碧。海の近くに住む事に憧れ都内から茅ヶ崎に移住。


茅ヶ崎の共通の友人に紹介され、駅前のバルにて出会い意気投合。

二人とも都内通勤組なので平日は一緒に通勤、週末はランニング・登山・キャンプ・カヤック等の共通の趣味で仲を深める。


まぁ色々あったけど、めでたく結婚。


↓婚姻届け


家を建てようとなった時、茅ヶ崎以外に選択肢が思い浮かばなかった。

だって、街も人も穏やかで、海はすぐそば、山だって丹沢の山々がしっかり見えるくらい近くて、私達が好きな全てがそこにあるだもの。


自分達のスタイルに合わせて、大好きな茅ヶ崎で家を作る。

振り返ってみれば、大変で喧嘩もしたけれど、楽しかったなぁ。


◼︎とにもかくにも土地探し


海に近く、駅からも近い、要件はこれだけ。

こればっかりは最初から決まっていた。


趣味のランニングを兼ねて足を使ってグルグル走って探した。


↓とある日の土地探しランニングログ


色々走り回ったけど、最後はビビっときた土地に決めた。

明るくて爽やかな海の風が通り抜ける我が家が、ふっと思い浮かんだから。


◼︎工務店選びはフィーリング


土地が決まったら次は工務店、ハウスメーカー選び。

数多とあるそれから選択し決断するのは素人、初心者にはとても難しい。


なので、まずはこちらの考えをプレゼンテーションし、その反応をもって決める事にした。

夫婦二人で意識合わせをして作った内容は大きく3つ。


  •  なぜ家を建てたいのかというWhy
  •  コンセプト、キーワード
  •  外せない要件


私たちの根幹を伝え、これに熱く応えてくれる一社を探す。

合計5-6社へ提出した結果、ちゃんと応えてくれたとある一社に決めた。

湘南の家づくりの実績が多く、地域密着型の小さな工務店。


決め手は、先程の3点をちゃんと汲み取ってくれ、しっかり取り入れてくれたこと。

実際に建てた家を覗かせてもらって雰囲気に共感もできた。


色んな家づくりのやり方や考え方があるとは思うけど、家づくりの強みを持っている事、茅ヶ崎の土地や文化を理解している事はもちろん、これから住む人の事を一番に考えてくれた。

最後はフィーリングだと思う。


土地探しから工務店決定までは、約3カ月かかった。

ここまでは迷いも少なく順調であった。


設計・構築編につづく)


Facebook,Twitter,Instagramで「エキウミ」の最新情報を受け取れます!



▼ライティング 山﨑淳一朗(Facebook

1980年5月1日、神奈川県横浜生まれ。茅ヶ崎在住の職場の同僚の勧めで茅ヶ崎に移住。茅ヶ崎では、ダイビング、トレイルラン、トライアスロン、サーフィン等共通の趣味のもつ茅ヶ崎仲間と共にBBQを開いたり南口界隈の酒場巡りを楽しんでいる。


▼ライティング 山﨑碧(Facebook

1983年5月6日、岡山県岡山市生まれ。上京し大学卒業後はしばらく東京で暮らすも、突如思い立って茅ヶ崎にお引っ越し。自然の近さに加え、Twitter等のSNSを通じて出会った茅ヶ崎の人の楽しさ優しさに魅了され、茅ヶ崎永住を決意。


▼編集 小野寺将人(Blog / Facebook / Twitter

2015年に茅ヶ崎市に移住し、2017年に「エキウミ」を立ち上げる。東海岸商店会の公式サイトの運営や、アクセサリーブランドm'no【エムノ】のウェブマーケティング、記事の寄稿も行う(SUUMOタウン「まだ茅ヶ崎に行ったことのないあなたへ」)。

0コメント

  • 1000 / 1000

エキウミ:茅ヶ崎のローカルインタビューメディア

エキウミには湘南・茅ヶ崎の雄三通りの商店街で働く人や、利用する茅ヶ崎市民の暮らし方・働き方・遊び方が満載。