茅ヶ崎のまさと

茅ヶ崎のまさとです。

記事一覧(196)

【ノマド家のそじさん】入居者殺到のシェアハウス。茅ヶ崎はフリーランスにとって理想的な土地。

(前回の記事はこちら → “仕事がもらえる家”。フリーランス向けシェアハウス「ノマド家」が茅ヶ崎の海近にオープン。)■いきなり入居希望者が殺到――― そじさんはフリーランス向けシェアハウス「ノマド家」を思いつく前は何をされていたのですか。そじ リクルートで「スタディサプリ」という受験生向けのサービスがあるんですけど、それの営業をしていました。――― スタディサプリはかなり多くの利用者がいるみたいですね。そじ はい。受験生の2人に1人が使っています。僕はそれを学校でも教材として使ってもらうために、職員室に足しげく通って先生相手に営業するということをしていました。――― それはなかなか泥臭い営業ですね。そじ そうですね(笑)でもおかげで営業の仕方を覚えられましたし、ノマド家の大事な要素である「フィードバック」も知ることができたので、非常に勉強になりました。――― とはいえスタディサプリの営業と、シェアハウスの入居者を集めるというのは全然別スキルな気がしますが、入居者はどうやって集めたのですか。そじ ノマド家のターゲットはフリーランスなので、相性が良さそうな「ブログ+Twitter」の組み合わせで募集をする作戦を立てました。コンセプトには自信があったので、届きさえすれば反応はあるかなと思いまして。実際にそれが当たって、いきなり29人の方々から入居希望のご連絡をいただけたんです。――― ウェブ施策だけで集めたってことですか?すごい…そじ はい、広告も打っていないので、正直自分でもびっくりしました(笑)■茅ヶ崎はフリーランスにとって理想的な土地――― 現在は鎌倉で運営されている「ノマド家」ですが、2号店を茅ヶ崎で始めようと思われたのはなぜでしょうか。そじ 茅ヶ崎ってフリーランスには理想的な土地なんです。フリーランスは働く場所を選ばないので住環境が大事なんですが、茅ヶ崎は歩いて海に行けますし、素敵なカフェなんかもありますよね。箱根や鎌倉といった観光地に近いのも、精神的につらくなったときに気分転換がしやすくて良いです。↓茅ヶ崎のノマド家

【warmthの野澤勝広さん】茅ヶ崎で暮らすうちに感覚が変わった。茅ヶ崎で独立する価値。

(前回の記事はこちら → 髪と心を整える美容室。茅ヶ崎駅前のプライベート空間。)――― 野澤さんがWarmthを創業されたのはいつ頃でしょうか。野澤 2013年なので、5~6年前ですね。――― どうして茅ヶ崎で始められたのですか。野澤 もともとは東京の美容室で働いていたのですが、2009年の結婚を機に茅ヶ崎に引っ越してきました。茅ヶ崎の場所柄なのか、人柄なのか、休日の生活スタイルが変わったからかなのかはわかりませんが、東京に住んでいた頃とはだんだん感覚が変わっていきました。そうすると仕事についても不満というか、感覚のズレがだんだん多くなっていき、生活スタイルも変えた方が良いかも知れないと思うようになりました。――― 茅ヶ崎に住むことで感覚が変わってきたのですね。野澤 そんなことを思いながら茅ヶ崎での生活を2年ほど送っている中で、仕事はもちろんしているのだけど、自分の好きなことも沢山できている友人や、独立して忙しいながらもとても充実している友人と会う機会があり、だんだん気持ちが独立へと傾いていきました。――― はい。野澤 最終的に茅ヶ崎で開業をすることになったのは、既に3年ほど暮らしていて良かったことと、あとは2011年に起きた東日本大震災の経験から、できるだけ家族の側にいたいなという思いもありました。↓Warmthの外観(夜)