茅ヶ崎のまさと

茅ヶ崎のまさとです。

記事一覧(174)

【マシューの小出俊介さん】人材不足にならない飲食店の秘訣。

(前回の記事はこちら→コミュニティの力で街を盛り上げる。)■10年後の約束――― 小出さんがお店を始めたのは8年前というお話でしたが、それまではなにをされていたのでしょうか。小出 東京の大学に通っていた頃、イタリアンのホールでバイトをしていたんですね。朝から晩までハードに働く社員さんを見ていて「飲食店なんて絶対にやるもんか」って思っていました(笑)――― はい(笑)小出 ただよくつるんでいた友だちが「将来カフェをやりたい」と言うので結構つき合わせられて。渋谷とか新宿でカフェ巡りをしていくなかで、なんか面白そうだなって思い始めたんです。――― お店をやりたくなったのですね。小出 それにきっとその友だちとやれば面白いだろうなっていうのもあって、「じゃあ10年後にはお店をつくろう」って約束をしたんですよ。■約束を果たす日――― なぜ10年後と決めたのでしょうか。小出 ゼロからスタートは怖すぎるのと、お店を開くときはお金も借りずに無借金でやろうっていう計画でした。――― 大学生の頃から計画的ですね。小出 お店を始めるまでは色んなもの吸収したかったので、カフェで一通り学べたと思ったら、次は和食、次はフレンチという感じで、大学時代も合わせたら計12年くらい飲食店修行をしました。料理や接客だけでなく店長として経営部分をやれるところもあったりして。――― では友だちとの約束のタイミングまでに、お店を開く準備は整ったのですね。小出 そうですね。それまでお互い毎月7万の貯金をして、計画通り無借金で開業できました。茅ケ崎の駅徒歩10分の場所で地域密着のお店ができたのもそのおかげです。――― すごい!小出 ちなみにマシューの「シュー」は僕の「俊介」から取って、「マ」はその友だちの名前からとったものなんです。いまはお互い別々のお店をやっていますが、彼には感謝しています。■やりたいことをサポートする――― 前回、マシューさんを「スタッフに任せられるお店にした」というお話がありましたが、飲食店は人不足で悩んでいるところが多いですよね。小出 マシューの場合は真逆で、むしろ応募をいただいても断ってしまっている状況です。だからなおさら、どんどん新しいことにチャレンジしないといけないと思っています。――― どうしてマシューさんには働きたい人が集まるのでしょうか。小出 意識しているのは、その人がやりたい事をサポートするということですね。僕は周りの人が全員幸せになって欲しいと思っていて、スタッフには目標を立ててもらってるんですよ。――― 小出さんのように、目標を持ってもらうのですね。小出 そうです。まずなにがしたいのかを話し合って、それをサポートするんです。たとえばいまの店長は二十歳になったばかりなんですけど、いろいろ話していく中で「10年後うちの会社の社長になる」って言うんですよ(笑)なので、「じゃその時は任せるからな」って言っています。――― 代表も受け渡すんですか。小出 そうですね。そういう目標を立てるということをアルバイトの主婦の方にもしているので、みんな目標を持ってやってくれています。僕はそういう人たちのサポートすることに幸せを感じるんです。■夢を持ち続けられる会社――― 一人ひとりのやりたいことをサポートしたいのですね。小出 はい。いま言った主婦の方なんかはすごい頑張ってくれていて、娘さんがもう少し大きくなったら社員になって欲しいと思っているんですね。一般的には社員というとフルタイムを想像すると思うんですけど、それって固定概念だと思っていて、柔軟な働き方ができる社員の形というのもつくっていこうと思っています。――― 素晴らしいと思います。小出 歌手活動をしている子もいるんですけど、今度横浜でワンマンライブをするんですね。それに向けてライブ活動をいま頑張っているので、最近はあまりシフトに入れていないんですけど、それもすごく応援していて。マシューって年中無休なんですけど、彼女のワンマンライブの日だけはみんなで応援に行くのでお店をお休みにするんですよ(笑)↓歌手活動をしているスタッフ

【ホルグの加藤年紀さん】全国1788の地方自治体にノウハウを届けたい。地方公務員オンラインサロンという仕組み。

(前回の記事はこちら→自分はまったく世の中の役に立っていないんじゃないか)■地方公務員オンラインサロン――― 加藤さんはこれまで地方自治体を応援するメディア「Heroes of Local Government(以下、HOLG)」を2年半運営されてきました。今後の展開を教えていただけますか。加藤 2年半続けてきた中で、多くの活躍する公務員の皆さんとつながることができました。そこでふと思いついたのが、このつながりというのはかなりの価値があるんじゃないかということです。――― どんな価値でしょうか。加藤 つまり、そういう人たちと交流したいとか、学びを得たいと思う地方公務員の皆さんが大勢いるんです。以前、地方公務員の勉強会に呼んでいただき長崎県の平戸市に行ったときにそれを痛感しまして。――― 平戸市は長崎県の最西端にある市ですね。加藤 はい。その日は土日だったんですけど、そこに地方公務員が100人ぐらい集まっていて、6割が県外の人だったんですね。――― はるばる県をまたいで。加藤 そうなんです。しかもその中の4人は北海道の名寄市という、旭川から北に80 kmにあるところから往復20時間かけていらしていたんです。「10万円弱かけて来た」って。――― それはすごいですね。加藤 それで、彼らの存在の裏には、来たくても来れていない人が大勢いるはずだと思ったんです。そういう人達がお金や時間や場所にとらわれないで勉強会に参加できる仕組みが求められているはずだと。その答えの一つが、オンラインサロン(インターネット上の月額会費制コミュニティ)じゃないかと思いまして、「地方公務員オンラインサロン」というものを作ることにしました。

【ホルグの加藤年紀さん】自分はまったく世の中の役に立っていないんじゃないか

(前回の記事はこちら→出る杭が打たれる環境で成果を出す人とは。スーパー公務員の共通点。)■公務員に顔があることを認識した――― 加藤さんは地方自治体を応援するメディア「Heroes of Local Government(以下、HOLG)」を運営されていますが、なぜこれを始めようと思ったのでしょうか。加藤 いきなりですけど、普段の生活で地方公務員ってほとんど会わなくないですか?――― 会わないですね。加藤 僕もそうで、もともとは地方公務員の存在について気にかけたこともなかった。でもあるとき高野誠鮮さんという方が書いた「ローマ法王に米を食べさせた男」という本を読んで、その存在を強烈に意識したんです。――― 私も読みましたが、地方公務員が地元の米をローマ法王に献上するというすごいお話でした。加藤 変な言い方になりますけど、そのときに顔の見えなかった公務員に顔があることを認識しました。そして他にも多くの活躍する公務員が存在していると想像したとき、もっと知りたいし知らせたいと思ったんですよね。■儲からないけど変えたら貢献度が高いところ――― 加藤さんはそれまで会社員をされていましたよね。加藤 はい。株式会社LIFULLという不動産ポータルサイトを運営する会社にいたんですけど、最後はインドネシア子会社の立ち上げと経営をしていました。――― 子会社の社長という地位を捨ててまで、地方自治体を応援したかったのですか。加藤 要は僕のリソースをどこにあてたら一番社会にとって良いかという話だと思っていて。放っておいても他の人がやるような儲かる分野は僕がやる必要がないじゃないですか。だから僕が関わるべきなのは儲からなくても社会を良くする可能性を持つ分野だと思っていました。そういう領域を探した結果、それが僕の中では地方自治体だったということです。

【経営コンサルタントの塚本裕丈さん】味噌汁コミュニティカフェで社会を変えたい。

(前回の記事はこちら→茅ヶ崎に来て人生が変わった。元リクルートの営業責任者がいま思うこと。)■味噌汁コミュニティカフェ――― 塚本さんが今後取り組まれようとしていることを教えてください。塚本 茅ヶ崎に来て、生き方を変えてから思うようになったのが、やっぱり行き過ぎた市場経済がもたらした社会構造のゆがみというのはあるんだろうなということです。――― 社会構造のゆがみですか。塚本 はい。どんどん少子高齢化が進む中で独居老人を増やさないようにしないといけないし、子どもの貧困問題も深刻です。――― はい。塚本 その社会のゆがみが、人々の心にもたらす影響というのは小さくないと思っていて、あらためてリアルな人と人のつながりの価値が見直される時期に来ている気がしているんです。「遠くの親戚よりも近くの他人」っていう言葉もありますけど、やっぱり地域で支え合える構造をつくらないと、ハッピーになるのが難しくなっているなと。そのハッピーというのも、突き詰めると食の問題にたどり着いたりして、それらを丸ごと解決できるアプローチってないかな、と思っていたときに味噌・麹の話を知って。↓塚本さんが考える味噌汁コミュニティカフェ