【chigasaki0467の高沢祐次さん】chigasaki0467を運営。日本初のBtoBtoC型 地域活性私設PR局。

茅ヶ崎のことを発信されている方を紹介する「茅ヶ崎を伝える人」。今回は「chigasaki0467」を運用する高沢祐次さんにご登場いただきます。「chigasaki0467」は、SNSのフォロー数に応じて「茅ヶ崎市緑のまちづくり基金」に募金するというユニークな活動をされています。茅ヶ崎市長にも表彰された高沢さんのお話を、ぜひ最後までお読みください!(全2話)




――― 本日はよろしくお願いいたします。


高沢 どうぞよろしくお願いします。


――― まずは高沢さんが運営されている「chigasaki0467」についてご紹介いただけますか。


高沢 はい。chigasaki0467を一言でいうと、「日本初のBtoBtoC型 地域活性私設PR局」です。

やっていることとしては、

①SNSで茅ヶ崎の情報を発信し募金する

② 事業者とコラボしてイベントを行う

といったことをしています。


――― まずは「①SNSで茅ヶ崎の情報を発信し募金する」について詳しく教えてください。


高沢 もともとは、地元・茅ヶ崎に恩返したいと思って細々とではありますが募金をしていたんですね。

でもやっていくうちに、「これって必要とされている額に比べて微々たるものだよな」とか、「でも大きな額を募金する方が偉いとか、そういうわけでもないよな」とか、ぐるぐる考えはじめてしまいまして。

考えれば考えるほど、単に募金をするということに意味が見いだせなくなってしまったんです。


――― はい。


高沢 2013年頃に、ちょうど私が仕事でSNSマーケティングにかかわるようになったんですね。

そのときに、このノウハウを地域の活動に応用してみようと思いまして。


――― なるほど、それでchigasaki0467はSNS主体なんですね。


高沢 そうなんです。それもただ単に茅ヶ崎の情報発信をするだけでなく、そのSNSアカウントについて「1フォロワー!につき1円を募金をする」という仕組みにしました。

そうすることで、フォロワーが増えれば増えるほど、情報も届くし、募金額も増えるし、ということができるなと。


――― なるほど、一石二鳥の地域貢献ですね。


高沢 その募金先は茅ヶ崎市の景観みどり課さんにしていたのですが、それを5年間継続したことをご評価いただき、茅ヶ崎市の服部市長にも表彰をしていただけたんです。


↓服部市長と高沢さん夫妻


――― 市長から表彰を受けるというのはすごいと思います。それでは続いて、もう一つの「②事業者とコラボしてイベントを行う」件についても伺えますか。


高沢 はい。最近力を入れているのが「chigasaki0467セレクト講座」なんですけども、これはスクール運営会社に長く勤め、講座開講業務を得意としていた私の妻が思いついたものです。

魅力的なスキルを持っている人や事業者さんに声がけをして、カルチャースクール的なことをしています。


――― 具体的にはなにが学べるのでしょうか。


高沢 非常に人気のある講座としては、美しい文字を書く「カリグラフィー講座」です。

こちらは人気が高いのでレギュラー化しました。

午前の部・午後の部に分けないと収まりきらないほどなんです。


↓セレクト講座の様子①


――― なるほど、つまりB to B to Cというのは、事業者と参加者の間に茅ヶ崎0467さんが入るという構図ですね。


高沢 はい。事業者さんの技術に対して、chigasaki0467が企画・発信をすることで、より魅力的になるようプロデュースをしています。

あと別パターンとしては、「女性限定のマーケティング講座」というセミナーの講師をぼくがやらせていただいて、場所を事業者さん(飲食店)に提供してもらい、初来店の機会を作るということもやったことがあります。

そのときは、ぼくが個別相談に応じる二次会をセットすることで、ちゃんとお店にお金が落ちる仕組みも用意しました。


↓セレクト講座の様子②


――― つまり講師も、店舗も、お客さんも全員が嬉しいイベントを仕掛けているんですね。


高沢 私は広告代理店の廣洋社というところに勤めていますので、そういう仲介役とかプロデュースが本業なんです。

だからその経験を活かして、chigasaki0467で地域貢献の仕掛けをいろいろとやらせてもらっているという感じです。


――― 高沢さんの地域でのご活動については伺えましたので、次回はそのお仕事やご経歴について伺いたいと思います。


(次回につづく→お先まっくらの連続を乗り越えて、マーケティングとヘヴィメタルで茅ヶ崎を盛り上げる。


Facebook,Twitter,Instagramで「エキウミ」の最新情報を受け取れます!





▼インタビュー・編集 小野寺将人(Blog / Facebook / Twitter

2015年、茅ヶ崎市に移住。「エキウミ」の管理人。住宅・不動産サイト運営会社、お出かけ情報サイト運営会社にて営業・企画職を経た後、現在は総合ポータルサイトにて企画職に従事。東海岸商店会の公式サイトの運営や、ハンドメイドアクセサリーブランドm'no【エムノ】のウェブマーケティングも行う。

0コメント

  • 1000 / 1000

▼エキウミのスポンサー企業

エキウミ:茅ヶ崎のローカルインタビューメディア

エキウミには湘南・茅ヶ崎の雄三通りの商店街で働く人や、利用する茅ヶ崎市民の暮らし方・働き方・遊び方が満載。