サザンビーチちがさき花火大会は、茅ヶ崎の砂浜で観よう!茅ヶ崎駅から海に最短アクセスの「雄三通り」には、インスタ映えアートも!


■2018/8/4(土)「サザンビーチちがさき花火大会」開催


毎年、茅ヶ崎市内外から7万人以上が訪れる「サザンビーチちがさき花火大会」が、いよいよ2018/8/4(土)に開催されます。


「スターマイン」や「水中孔雀」など、約3,000発の花火が次々と打ち上がります。


時間は19:30~20:20なので、茅ヶ崎市外から訪れる方は茅ヶ崎の街中をぶらぶら散策しながら海へと向かいましょう。




■茅ヶ崎の砂浜で観られる花火大会


このサザンビーチちがさき花火大会の魅力はなんといっても、茅ヶ崎の潮風を感じながら砂浜で花火を観られることです。


サザンビーチちがさき会場では様々なプログラム(詳細はちがさきナビへ)が用意されています。


そこで楽しむのも良いですが、会場から少し離れた砂浜で、ごろりと寝転んで観る花火もおすすめです。


※砂浜にはゴミを残さないよう、マナーを守って花火鑑賞をしましょう




■茅ヶ崎駅から海まで最短の道は「雄三通り」


茅ヶ崎市外から電車で訪れる方に特におすすめなのが、茅ヶ崎駅から海まで最短ルートの「雄三通り」です。


↓茅ヶ崎の道MAP



雄三通りは茅ヶ崎駅南口から南にほぼ真っすぐ進む道で、名前の由来は加山雄三さんです。(雄三通りの歴史はこちら


雄三通りは南側のメイン通りなので、茅ヶ崎を代表する様々なお店が立ち並びます。


↓雄三通り周辺のお店一例



↓TVチャンピオン2「アイスクリーム屋さん選手権」優勝記念のPlenty's生チョコスペシャルアイス



■雄三通りにはインスタ映えアートがたくさん


2018年7月にオズマガジン「湘南特集」で雄三通りのアートが取り上げられました。


↓OZ mall「茅ヶ崎は街をポップに彩るアートも見どころ」より抜粋


せっかく茅ヶ崎に来たなら花火の写真だけでなく、ここでしか見れないウォールアート作品と一緒にインスタ映え写真を撮りましょう!


↓茅ヶ崎・雄三通りのウォールアートMAP



以上、サザンビーチちがさき花火大会に向けた茅ヶ崎の楽しみ方をご紹介しました。

当日はみんなで茅ヶ崎を満喫しましょう!



Facebook,Twitter,Instagramで「エキウミ」の最新情報を受け取れます!




▼ライティング 小野寺将人(BlogFacebook / Twitter

2015年、茅ヶ崎市に移住。「エキウミ」の管理人。住宅・不動産サイト運営会社、お出かけ情報サイト運営会社にて営業・企画職を経た後、現在は総合ポータルサイトにて企画職に従事。東海岸商店会の公式サイトの運営や、ハンドメイドアクセサリーブランドm'no【エムノ】のウェブマーケティングも行う。

0コメント

  • 1000 / 1000

▼エキウミのスポンサー企業

エキウミ:茅ヶ崎のローカルインタビューメディア

エキウミには湘南・茅ヶ崎の雄三通りの商店街で働く人や、利用する茅ヶ崎市民の暮らし方・働き方・遊び方が満載。