【デイリーポータルZの安藤昌教さん】1000年後も「むかない安藤」


(前回の記事はこちら→原子炉の研究者で、氣志團のバックダンサー


――― 研究員、氣志團のバックダンサーを経て、次に何をされたのですか。


安藤 研究員の仕事を辞めて、旅行がてら沖縄に行ったのですが、とても気に入ってしまって。

一生楽しく過ごしたいと思っていたので、沖縄の宜野湾市でギャラリーのあるコーヒー屋さんを開きました。


――― 実際にやってみてどうでしたか。


安藤 やっぱり楽しかったですね。

研究員時代は一人で黙々と仕事をしている時間が長かったので、そこでは人が集まる場所を作りたかったのですが、ちょっとおかしい人というか、取り憑かれたような人がたくさんいて最高でした(笑)


――― 研究員時代は公務員だったわけじゃないですか。いきなり沖縄に行ってお店を始めるときに、不安はありませんでしたか。


安藤 不安はなかったですね。

そもそも今までに一度も不安になったことないんですよね。

あ、数年前に切れ痔を発症したので、その再発の恐れとは日々戦っています。


――― そうですか。


安藤 すみません(笑)

コーヒー屋さんは4-5年続けましたが、その頃に同時平行で始めていたデイリーポータルZ(以下DPZ)のライター業が本格化してきていて、会社から「東京に来てみないか」というお誘いをいただいたので、そうすることにしました。


↓自身のコーヒーショップをネタにした記事の写真(参考:DPZ 店内が満席 2006/4/19) 


――― ということは、DPZはもう10年以上も続けているのですね。


安藤 そうですね、13年間ふざけ続けて今に到ります(笑)

今は広告企画の仕事もやらせていただいているので、クライアントさんから「なにか一緒に面白いことがしたい」というご要望を形にすることもしています。


――― 記事広告の企画ですね。その中で特に思い出深いものはありますか。


安藤 一つ一つ考え抜くので、どれも思い出深いのですが、そうですね・・・ライフネット生命さんとコラボして、ハイタッチでギネス記録に挑戦したことはよく覚えています(笑)


↓ハイタッチでギネス世界記録を更新(参考:DPZ 2016/3/24


――― ギネス取ったのですね(笑)


安藤 この時はお金をいただいている以上、絶対失敗してはいけないと思っていたので、プレッシャーはすごかったですね。

この記録はもともと百獣の王こと武井壮さんが持っていて、それをアメリカ人が破って、それを安藤が破りました(笑)


――― 面白いことをして記事広告として成り立たせている人でいうと、ヨッピーさんも有名ですね。


安藤 そうですね、その界隈の人はみんな仲間ですね(笑)

広告を作っている面白系は少ないので、みんな顔見知りですよ。忘年会やったりして。


――― やはり皆さん、安藤さんのように「面白いことをして生きていけるんだぞ」という想いを心に秘めているのでしょうか。 


安藤 どうでしょうね、中には無理してやっている人もいるかも知れないですね(笑)

数年で辞めちゃう人もいるので、そういう人はきっと無理していたのでしょうね。


――― 人生100年時代とも言われていますが、今後もそうやって生きて行きたいですか。


安藤 100年どころか、この間シンギュラリティについて教えてもらったのですが、どうやら人とコンピューターが融合することで、人は死ななくなるらしいんですよ。


↓武聡志さんにシンギュラリティについて教えてもらっている様子(引用:DPZ いきなり!シンギュラリティ 2017/10/10) 


――― その記事拝見しました。しかも私たちが生きているうちに、それが実現しそうというようなことを言っていましたね。


安藤 仮にそんな世界になったとするじゃないですか、そしたらあと数十年どころか、1000年はふざけて生きていけるっていうことですよね。

それって最高だと思いませんか(笑)


――― すごいですね。「いまの仕事を1000年続ける」こと考えたとき、テンションが上がる人は珍しいと思います。「むかない安藤」も1000年続けますか。


安藤 そうですね、続けたいですね(笑)

ぼくは42歳にしてスーツも持っていなくて、ぼろいジーンズとか短パンをはいて、もの剥かずに食べいてるような大人じゃないですか。

それでもこうして楽しく生きているし、それを今後も続けて行きたいと言うことが、誰かの救いになることってあると思うんですね。

だから、1000年後も「むかない安藤」として人生楽しみます(笑) 


――― とても面白いお話をありがとうございました。インタビューは以上です。サーフィン頑張ってください。


↓さっそく波乗りを始める安藤さん 


(おしまい)


Facebook,Twitter,Instagramで「エキウミ」の最新情報を受け取れます!




【茅ヶ崎で暮らす人:デイリーポータルZの安藤昌教さん】

・第1話 自由に、ふざけていたって生きていける

・第2話 原子炉の研究者で、氣志團のバックダンサー

・第3話 1000年後も「むかない安藤」 




▼インタビュー・編集 小野寺将人(Facebook / Twitter

2015年、茅ヶ崎市に移住。「エキウミ」の管理人。住宅・不動産サイト運営会社、お出かけ情報サイト運営会社にて営業・企画職を経た後、現在は総合ポータルサイトにて企画職に従事。ハンドメイドアクセサリーブランドm'no【エムノ】のウェブマーケティングも行う。

0コメント

  • 1000 / 1000

エキウミ:湘南・茅ヶ崎駅と海をつなぐ雄三通り

エキウミには湘南・茅ヶ崎の雄三通りの商店街で働く人や、利用する茅ヶ崎市民の暮らし方・働き方・遊び方が満載。

以下のQRコードから友だち登録をしていただければ、LINEで更新情報が受け取れます!