【ボスニア・ヘルツェゴビナ出身のyasmin camdzicさん】リラックスできる茅ヶ崎ライフと、外国人が茅ヶ崎で生活するということ


(前回の記事はこちら→戦争から逃れるためのアメリカ移住と、娘のために自ら選んだ茅ヶ崎移住


――― 前回は茅ヶ崎に居住されるまでのご経緯と、お仕事について伺いました。2年前から茅ヶ崎に住んでみて、どのようなご印象を持たれていますか?


Yasmin もともと私は海の近くに住みたいと思っていたので、茅ヶ崎に住めることになってとても嬉しく思っています。

やはり街の雰囲気がリラックスしていますし、だからこそ住んでいる方々にも心の余裕があって、優しい方が多いと思います。

私が勤務している東京では、やはり雰囲気が切迫していますし、活動的過ぎるので、
仕事を終えた後に茅ヶ崎に帰ってくるとすごく落ち着きます。

私は東京のような大都市で住んだこともありませんので、そういう意味でも茅ヶ崎は私に合っているのだと思います。


――― 休日の過ごし方についてはいかがでしょうか。 


Yasmin 休日は大抵、家族や友人と茅ヶ崎で過ごしています。

と言うのも、近くには海がありますし、山や公園に行きたければ里山公園があります。お酒が好きなので飲みにも行きますが、茅ヶ崎には快適なバーがあります。

つまり、わざわざ他に出かける理由があまりないのです。あ、時々ですが箱根には行きますよ(笑)


――― 茅ヶ崎で飲む時は、ご友人と行かれるのでしょうか。 


Yasmin はい。茅ヶ崎にはアイルランド人の友人がいたり、あとは日本人の友人もいるので、皆で茅ヶ崎のバーに飲みに行ったりもします。

雄三通りのBar Fakeにも行きますよ。あそこにはウォッカをコーヒーで割るアイリッシュコーヒーがあるので、今度一緒に行きましょう!


――― はい、お手柔らかにお願いします(笑)ちなみに、雄三通りにはどんな印象をもたれていますか。


Yasmin 非常に混雑していて、歩道が狭いので注意しながら通らなければいけませんよね。

でも賑やかですし、色々なお店があって私は好きな通りですよ。


 ――― インタビューは以上です。ありがとうございました。


(おしまい)


Facebook,Twitter,Instagramで「エキウミ」の最新情報を受け取れます!





▼インタビュー・編集 小野寺将人(Facebook / Twitter

2015年、茅ヶ崎市に移住。「エキウミ」の管理人。住宅・不動産サイト運営会社、お出かけ情報サイト運営会社にて営業・企画職を経た後、現在は総合ポータルサイトにて企画職に従事。ハンドメイドアクセサリーブランドm'no【エムノ】のウェブマーケティングも行う。


0コメント

  • 1000 / 1000

エキウミ:湘南・茅ヶ崎駅と海をつなぐ雄三通り

エキウミには湘南・茅ヶ崎の雄三通りの商店街で働く人や、利用する茅ヶ崎市民の暮らし方・働き方・遊び方が満載。

以下のQRコードから友だち登録をしていただければ、LINEで更新情報が受け取れます!