雄三通り歴史写真館



雄三通りの歴史を知る上で参考になる、茅ヶ崎駅南口を中心とした貴重な写真を集めました。


それぞれ出典元と共にご紹介いたします。※茅ヶ崎市文化資料館から許可をいただいて撮影をしています




▼(出典)茅ヶ崎きのうきょう

①②茅ヶ崎駅南口駅舎が開設された。当時はタバコ屋が一軒あるだけだった。(大正12年7月)

③④関東大震災では駅舎は傾き、線路は曲がりくねってしまった。(大正12年9月)


①②当時の風物詩であった輪タクと、スクーターに乗る加山雄三少年(昭和20年代)

③④南口駅前の交番と、南口十間坂海岸通り。(昭和30年代)

⑤茅ヶ崎駅南口の新旧駅舎(昭和59年)




▼(出典)ヒストリア茅ヶ崎 第5号

①②雄三通りを国道134号側から撮影した写真を、昭和30年頃と昭和末期頃で比較。




▼(出典)近代茅ヶ崎の群像


①雄三通りに立つ加山雄三氏




▼(出典)茅ヶ崎市史現代8 市民の半世紀

①1950年代半ばの南口

②1979年頃の南口ロータリー




▼(出典)茅ヶ崎駅の一世紀

①駅改良直前の南口改札口

②南口にあった撞球場(ビリヤード場)



▼(出典)銀幕のなかの茅ヶ崎

①②水着姿で雄三通りにある自宅を出て、海までの道を行く上原謙氏(1939年)

③かつての茅ヶ崎のランドマークであったパシフィックホテル(1983年11月)




写真は以上です。


最近の茅ヶ崎しか知らない人にとっては新鮮に見え、昔の茅ヶ崎をご存知の方には懐かしい写真もあったのではないでしょうか。


より詳しい内容をお知りになりたい方は、それぞれの出典元を読んでみると発見があると思います。


なお、資料を探すのに訪れた茅ヶ崎市文化資料館の方には大変親切にご対応いただきました。ありがとうございました。


Facebook,Twitter,Instagramで「エキウミ」の最新情報を受け取れます!




▼茅ヶ崎文化資料館(公式ページ)

住所:茅ヶ崎市中海岸二丁目2番18/TEL:0467-85-1733/アクセス:駐車場なし(茅ヶ崎駅南口よりコミュニティバス「えぼし号」に乗り「福祉会館前」下車、徒歩1分)


記 小野寺将人(FacebookTwitter

1986年生まれ。2015年、茅ヶ崎市に移住。「エキウミ」の管理人。住宅・不動産サイト運営会社、お出かけ情報サイト運営会社にて営業・企画職を経た後、現在は総合ポータルサイトにて企画職に従事。ハンドメイドアクセサリーブランドm'no【エムノ】のウェブマーケティングも行う。



0コメント

  • 1000 / 1000

▼エキウミのスポンサー企業

エキウミ:湘南・茅ヶ崎駅と海をつなぐ雄三通り

エキウミには湘南・茅ヶ崎の雄三通りの商店街で働く人や、利用する茅ヶ崎市民の暮らし方・働き方・遊び方が満載。